今年最初に咲いた“むくげ”とカエル
f0034392_9361255.jpg
日曜日の朝、今年初めて“むくげ”が咲いた。この花の名前を何年もの間“もくげ”と呼んでいてそれで人と意味が通じていたんです。
ジョージア・オキーフの画集で見てこの花を知っていた。
ある住宅街を歩いていて「あれぇ~!オキーフの花だ」と、さっそく苗木を買ったり貰ったりで今ではこの種を中心に6種類の“むくげ”が咲きますがチっと多すぎ!?
種が落ちて春には無数の“チビむくげ”が顔をだす。それをラベンダーの種を蒔いた日が風の強い時だったのでラベンダーだと思ったんだ。
蒔いたラベンダーの種が一個も発芽しなくて秋に飛び散った“むくげ”の種が芽を出したって話。
色んな人に「こりゃ~ラベンダーじゃないよ」と言われ
「二枚葉から徐徐に棘とげの葉になるんじゃねぇの?」つうと
「うんにゃア。ラベンダーにはなんねぇっつうの」とダメ押し。
二枚葉からもう一枚葉が!?“むくげ”の葉だ!
ラベンダーの種を室内で育てたら顔を出した芽がすでにラベンダーの棘とげ葉だもんなア。
それを言うと、そいつゲラゲラ笑うだけ笑っていた。

f0034392_8585453.jpg
カエルも日曜日らしくノンビリとリラックスムード。花びらのベッドで今目覚めたカエルが「新聞屋。おせぇなぁ~」とか「飯はまだかぁ~」とブツクサ言ってるようにオレには見える。
でも、夜は花や葉の上にはいないからコイツ、毎朝通勤してくるようだ。

f0034392_85923100.jpg
植え替えした木の支えに刺した竹にカエルが!?「おめぇは“かぐやカエル姫”を気取ってンのかぁ~」と突っ込みたくなる。
最初は頭と前足だけ出して餌が飛んでくるのをまっていたんですナ。カエルも人間と同じく喰っていくには大変だ。

f0034392_9171610.jpg
                  最初はこんな感じ。頭にタオル乗っけたら湯舟に浸かった飲ンべおやじだよな。
[PR]
by bacamasa | 2009-08-09 09:21 | 生き物
<< 馬券師?? 『世界で只一つの帯... なんだかんだ、あれもこれも天気... >>