若くして散った悲劇の名馬 ・・・ 三本の脚で日本一になった伝説の名馬『トキノミノル』
『トキノミノル』  
              1948年5月 2日 生
              1951年6月20日 没
              生涯成績 10戦10勝
東京優駿(日本ダービー)を勝って『クりフジ』以来、2頭目の無敗で二冠達成し、クリフジが記録したレースレコードを0.3秒短縮。
『トキノミノル』は子孫を残せなかったが、全姉のダーリングは重賞2勝した『ダーリングヒメ』の祖母、さらにその産駒からグリーングラスが出ている。
デビュー戦の馬名は“ハーフェクト”だった。



『トキノミノル』の馬主は、永田ラッパでも有名だった“故・永田雅一”
・映画製作者・・・大日本映画製作(大映)の成立。1947年(昭和22年)社長となる。
          日本映画初の70ミリ映画「釈迦」も手掛けた。                   
・プロ野球オーナー・・・大毎オリオンズ(現・ロッテ・オリオンズ)、陸上の飯島秀雄選手を代走専門として入団させ話題となった。                                      
・馬主・・・トキノミノルのほかに、名牝クリフジの産駒で桜花賞・優駿牝馬の二冠馬ヤマイチ。ダービー場ラッキールーラの母トースト、
      天皇賞場オーテモンなどを所有していた。
[PR]
by bacamasa | 2008-09-13 13:34
<< 若くして散った悲劇の名馬『ライ... こんなに白けたB級映画何年ぶり... >>